M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

自己株式 (じこかぶしき / Own Shares)

自己株式とは、自社が発行した株式を自ら保有することをいう。「金庫株」とも俗称される。
オーナーの相続税納税資金が確保できない場合、非上場株式であれば特に、発行会社が自己株式として買取るケースがある。
自己株式を取得した場合、売却した株主への「みなし配当」として、原則、配当所得として総合課税の対象となります。ただし、相続により取得した者が自己株式譲渡を行ったなどの一定の場合、譲渡所得として分離課税の取扱いとなり(租税特別措置法第9条の7)、相続税の取得費加算の特例(租税特別措置法第39条)の対象にもなる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識