M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

守秘義務契約 (しゅひぎむけいやく / Non-Disclosure Agreement)

M&Aにおいては、情報開示やそのためのデューデリジェンスに先立ち、情報開示者と情報受領者との間で、M&A取引の存在や開示される情報の取扱いに関して守秘義務契約が締結されることが一般的である。両当事者が締結する合意書形式、情報受領者から情報開示者に対する差入書形式がある。
秘密情報の定義、第三者に対する開示・漏洩の禁止、開示が許容される第三者の範囲、その場合の条件、目的外利用の禁止、有効期間などが規定される。上場会社の入札手続などにおいては、スタンドスティル条項が規定されることもある。

⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語