M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

任意組合 (にんいくみあい)

任意組合とは、各出資者が出資をして共同の事業を営むことを合意することにより成立する組合をいう(民法第667条)。
民法上、任意組合は法人格を持たず、組合財産は総組合員の共有に属し、また、組合債務について、各組合員は、組合の債権者に対して原則として損失分担の割合に応じた分割無限責任を負う。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識