M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

MSCB (えむえすしーびー / Moving Strike Convertible Bond)

MSCBとは、Moving Strike Convertible Bondの略であり、行使価額修正条項が付された転換社債型新株予約権付社債のことである。
行使価額修正条項とは、株価の推移に応じて権利行使価額を修正するもので、これがあることで所有者は常に一定の利鞘を取ることができる。
行使価額が低下すれば発行される株式数が増大するため、株式の希薄化が促進され、既存株主にとっての株式価値が毀損する可能性をはらんでいる。
平成19年6月、東証は「MSCB等の発行及び開示並びに第三者割当増資等の開示に関する実務上の留意事項」を公表し、規制に乗り出しており、それ以降は発行が激減している。

⇒第三者割当増資によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識