M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

最低資本金制度 (さいていしほんきんせいど / Minimum Capital System)

最低資本金制度とは、会社の資本金について、その下限となる額を法定する制度をいう。
旧商法下においては、資本金の額について、株式会社にあっては1,000万円以上、有限会社にあっては300万円以上でなければならないとし、その下限で法定されていた。会社法においては、容易に会社を設立することができるよう、最低資本金制度は撤廃されたため、現在では会社が資本金の額を自由に設定でき、資本金1円の株式会社も設立可能である。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識