M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

メザニン・ファイナンス (めざにんふぁいなんす / Mezzanine Finance)

メザニン・ファイナンスは、シニアローンと普通株式による出資の間の中間的なリスク及びリターンを企図する資金調達手法である。リスク分担やリターンの取り方に応じて仕組みが様々であり、資金供与を行うプレーヤーも多様である点に特徴があり、大きな買収資金を要する案件、買収対象事業の成長予想やリスク評価が難しい案件などで活用される。
大きくはデット性の仕組み(債権型)、エクイティ性の仕組み(株式型)、混合型の仕組みがあり、具体的には、劣後ローン、劣後債、新株予約権社債優先株式などが用いられる。
債権型メザニンの最終期限は、シニアローンよりも長く、返済期限一括で、すべてのシニアローンが返済されるまで元本返済がないものが多い。その一方で、シニアローンよりもリスクが高いため、その金利も高く、固定金利であることが多い。優先株式など株式型メザニンの場合、金利の代わりに配当金が支払われる。

 
⇒買収とは?企業買収の意味
 
⇒買収ファイナンスの全体像
 
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識