M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

合併比率 (がっぺいひりつ / Merger Ratio)

合併比率とは、吸収合併の存続会社または新設合併の設立会社が、消滅会社の株主などに対してその株式に代えて対価を交付する場合の割当比率をいう。
合併比率は株主平等の原則により、消滅会社株主の有する株式の数に応じて対価が交付される内容としなければならないが(会社法第749条3項)、消滅会社が種類株式発行会社である場合には、種類株式ごとに合併比率を定めることができる(会社法第749条2項)。

⇒種類株式・属人的株式・信託を活用した事業承継

⇒合併によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語