M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

瑕疵担保責任 (かしたんぽせきにん / Liability for Defects)

瑕疵担保責任とは、売手が買手に対して売買契約等の目的物の隠れた瑕疵に関して負う責任をいう。
民法においては、契約の解除及び損害賠償請求が認められ(民法570条、566条、545条3項)、これらの権利は、買手が瑕疵を知ってから1年以内に行使しなければならないとされている(民法566条3項)。商人間の取引に関しては、直ちに発見することができない瑕疵についても6カ月以内に発見しなければ瑕疵担保責任を問えなくなる(商法526条1項、2項)。
ただし、当事者が合意により、瑕疵担保条項を設ける場合、法律上の期間よりも長い瑕疵担保期間を定めることができる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語