M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

経営指導念書 (けいえいしどうねんしょ / Letter of Awareness of Management)

経営指導念書とは、親会社がその子会社や関連会社が負担している債務に関し、債権者(主に金融機関)に対して差し入れる念書であって、念書の差入人が債務者の経営を指導監督し、債務不履行によって債権者に迷惑をかけない旨などを約するものをいう。
個別具体的な状況によって経営指導念書の差入が債務保証や損害担保の意思表示と認められた場合は、かかる念書を差し入れた親会社においても潜在債務としてこれを認識しなければならないが、このような潜在債務の発見は、M&Aに先行して行われるデューデリジェンスの重要な目的の1つである。

⇒バリュエーション(企業価値評価)の基礎知識
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識