M&A事業承継 用語集 クロスボーダー

国境を跨いだM&A取引において重要なトピックに関わる用語をまとめました。

国際税務 (こくさいぜいむ)

国際税務とは、国際的な経済活動に対する課税の取扱いをいう。各国の税制は、それぞれの国ごとに決められており、ある経済活動について課税が重くなりすぎたり、軽くなりすぎたりする事態が生じる可能性があるため、それらを調整することが目的となる。
例えば、外国においても経済活動を行っている日本法人が、日本の法人税に加えて、外国の現地においても法人税を課せられることがあり(国際的二重課税)、これを放置すると納税者の税負担が過大になる。一方で、課税の空白が生じることを利用して租税回避行為が行われることもある。これらのような国家間の課税権を適正に配分することも、国際税務の役割の一つである。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識