M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

基金拠出型医療法人 (ききんしょしゅつがたいりょうほうじん)

基金拠出型医療法人は、持分の定めのない社団医療法人の一形態である。
2007年4月1日以後、社団医療法人は金銭の出資による設立ができなくなったが、医療法人の経営の安定化・永続性確保のためには資金が必要であり、基金制度を採用できるようになった。
基金の拠出者である社員が退社したとき、医療法人が解散したときは、定款の定めによるところに従い拠出額を限度として返還される。ただし、留保利益である剰余金の部分は拠出者には返還されないので、医療法人の非営利性は保たれる。
基金拠出型医療法人における基金は、拠出者の債権(約定劣後破産債権)であり、相続税の課税対象となる。債権は一般に、元本の価額と利息の価額との合計額で評価するが、基金は利息を付すことができないため、元本の価額(拠出額)のみを評価することになると考えられる。

 
⇒気になる!現在の医療業界、その動向
 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識