M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

建設業 (けんせつぎょう)

建設業では、元請会社の下に複数の下請会社が層をなし、下に行くほど受注工事の採算が厳しくなる傾向にあるため、受注損失案件の有無および未成工事支出金に関する含み損に留意する必要がある。
また、仕様変更に伴う追加工事について覚書の取り交わしなどが行われていない場合における完成工事未収入金の回収可能性や、本業と直接関係しない不動産事業やゴルフ場開発などに携わって取得した不動産の評価が問題となることがある。

⇒最新の業界動向はこちら

⇒バリュエーション(企業価値評価)の基礎知識
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識