M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

株式の併合 (かぶしきのへいごう)

株式の併合とは、数個の株式を合わせて、それよりも少数の株式にすることである。各株主の保有株式数を一律・按分比例的に減少させる行為であり、会社財産には変動を生じさせない。
併合割合未満の株式しか持たない株主は、その地位を失い、端数株式は金銭処理される。手続きとしては、株主の利害に与える影響が大きいため、株主総会特別決議が必要となる。
少数株主は、株式の併合に反対した上で、株式買取請求を行い、これに基づく買取価格の決定申立てを通じて、その対価を争うことができる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識