M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

株式譲渡契約書 (かぶしきじょうとけいやくしょ)

売手と買手が、株式の譲渡その他諸条件に合意すれば、M&Aに関する最終契約書となる株式譲渡契約書を締結する。SPA(Stock Purchase Agreement)とも呼ばれる。
その本質的な目的は、株式の売買によって株式と金銭を引き換えることであり、契約によって当事者の関係が継続するものではない。基本構成は、目的・定義、取引の内容、表明保証、譲渡日までの誓約事項、クロージング条件、譲渡日後の誓約事項、解除、損害賠償・補償、付随契約、一般条項となる。
収入印紙の貼付は不要であるが、付随契約として不動産売買や債権譲渡について定める場合には、定め方によっては課税文書となることがある。

 
⇒株式譲渡によるM&Aの基礎知識
 
⇒M&A取引における法律手続きの留意点
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

よくわかるM&A メールマガジン登録のご案内 M&A/事業承継 基礎知識