M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

自己信託 (じこしんたく)

自己信託とは、委託者自身を受託者とする信託のことである。原則として、公正証書または公証人の認証を受けた書面もしくは電磁的記録に、受益者の定めなど一定の事項を記載・記録することで効力が生じる。
資金調達の目的でこれを用いる場合、委託者兼受託者が、自らを当初の受益者として受益権を取得した上で、その受益権を第三者に対して売却するといった方法が考えられる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識