M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

医療法人の持分についての相続税の納税猶予の特例 (いりょうほうじんのもちぶんについてのそうぞくぜいののうぜいゆうよのとくれい)

医療法人の持分についての相続税の納税猶予の特例とは、相続人等が、持分の定めのある社団医療法人(経過措置型医療法人)出資持分を被相続人から相続または遺贈により取得した場合、その医療法人が相続税の申告期限において認定医療法人であるときは、納付すべき相続税のうち、この特例の適用を受ける持分の価額に対応する相続税については、一定の要件を満たすことにより、認定移行計画に記載された移行期限まで、その納税が猶予されるというもの。
移行期間(最長3年)内に、相続人が持分の払戻や譲渡を行うことなく、その持分の放棄を行ったとき、猶予されていた納税額が免除される。

平成29年度税制改正 医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予等の特例措置の延長等

 
⇒気になる!現在の医療業界、その動向
 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識