M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

IPO (あいぴーおー / Initial Public Offering)

IPOとは、Internal Rate of Returnの略で、証券取引所に上場し、株式公開することをいう。
ベンチャー企業は外部投資家から出資を受けたら、投資回収の機会を提供することが求められる。その典型がIPOとM&Aである。IPOの場合、株式公開の準備の費用・期間、上場後のコストに加えて、株式市況により投資家として投資回収できる金額が左右されるが、M&Aの場合、実行に要するコストは株式公開と比べれば低廉で、買手が全部買収を望めば持株のすべてを一度で売却することもできる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語