M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

増資 (ぞうし / Increase in Stated Capital)

増資とは、資本金の額を増加することをいう。
増資は、募集株式の発行によって行う場合が多く、募集事項の1つとして決議された増加する資本金に関する事項に従って、払込みにかかる額の2分の1以上が資本金として計上される。
また、準備金の減少、剰余金の処分、新株予約権の行使、新株予約権付社債の行使などによっても資本金は増加する。

⇒第三者割当増資によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識