M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

EBITDA倍率法 (いーびっだーばいりつほう)

EBITDA倍率法とは、対象企業の企業価値(EV:Enterprise Value)を、当該企業が営む事業と類似の事業を営む企業において平均的なEV/EBITDAマルチプル(EBITDA倍率)を用いて算定する方法である。
EV/EBITDAマルチプル(EBITDA倍率)とは、類似企業においてEVがEBITDAの何倍とされているかを表わす指標であるが、これについて対象企業に類似した企業の最大値、最小値、平均値をBloomberg等の情報端末を用いて取得し、それを対象企業のEBITDAに乗じて、企業価値のレンジを求める。

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識