M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

普通決議 (ふつうけつぎ)

株主総会において普通決議が成立するためには、出席した株主の有している議決権の合計が、行使可能な議決権の過半数に達しており(定足数)、かつ、その出席株主の議決権の過半数が賛成ししなければならない(会社法第309条1項)。
なお、定足数については、定款で引き下げることができる(ただし、役員の選任・解任決議にかかる定足数は、議決権の3分の1までしか引き下げることができない)。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識