M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

法定相続分 (ほうていそうぞくぶん)

民法で定めている相続分を法定相続分という。遺言に相続分が指定されていない場合には、法定相続分による。主要なケースでは以下のようになる。
①子及び配偶者が相続人であるときは、この相続分及び配偶者の相続分は1/2
②配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は2/3とし、直系尊属の相続分は1/3とする。
③配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3/4とし、兄弟姉妹の相続分は1/4とする。
④子、直系尊属、兄弟姉妹が数人いるとき、各自の相続分は原則として均等である。

 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識