M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

法務デューデリジェンス (ほうむでゅーでりじぇんす)

法務デューデリジェンスとは、M&A取引にあたって、対象会社や対象事業について、法的問題点の有無を調査する手続きをいう。対象範囲は、会社組織・株式、関係会社、M&A、許認可、契約、資産・負債、知的財産権、人事・労務、訴訟・紛争、環境など、広範に行われることが多い。
抽出されるものとして、取引を阻害する事項、取引の対価に影響を与える事項、取引条件で対処すべき事項、取引完了後の円滑な事業運営に役立つ事項などが挙げられる。

 
⇒M&Aを成功させるデューデリジェンスとは
⇒M&A取引におけるデューデリジェンス(買収監査)
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識