M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

一人医療法人 (ひとりいりょうほうじん)

一人医療法人とは、医師または歯科医が常時1名または2名勤務する診療所を開設する医療法人をいう。
かつて、医療法人は3名以上の医師または歯科医師が常勤していることが要件だったが、昭和60年の医療法改正(第1次医療法改正)において、医療経営と家系を分離して経営基盤を安定化させるため、1名または2名の医師または歯科医師で医療法人の設立を認め、法人化を促進させた。
形態としては財団および持分の定めのない社団である医療法人での設立が可能である。

 
⇒気になる!現在の医療業界、その動向
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識