M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

非公開会社 (ひこうかいかいしゃ)

非公開会社とは、発行する株式の全部について譲渡制限を付している会社をいう。
公開会社に比べて強行法規により規律される事項が少なく、株主の権利内容や機関設計等について、より広い範囲で定款自治が認められる。
非公開会社は取締役会を設定してもよいし、設置せずに株主総会が日常的な経営判断を行ってもよい(会社法第295条)。また、種類株主を構成員とする種類株主総会において、取締役または監査役を選任することができるので、クラス・ボーディング(それぞれの種類株主総会で、取締役を選任するような仕組み)を採用することもできる(会社法第108条1項9条)。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識