M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

払戻請求権 (はらいもどしせいきゅうけん)

持分の定めのある社団医療法人には出資金を拠出した社員に出資持分があり、社員資格を喪失した場合には払戻請求権が規定されている。払戻請求権には、その内容に応じて出資額を限度とするものと、出資割合に応じたものの2つがある。後者の場合、医療法人に利益が蓄積するほどその払戻額が大きくなる。
社員の死亡は退社の原因となり、これによって払戻請求権が相続されると、その時価が相続税の課税対象となる。払戻額を出資額限度とする定款変更は可能であるが、再度変更することも可能であるため、相続税評価額には影響しない。
平成19年4月1日以降に新たに設立される医療法人は持分の定めのないものに限られるため、持分払戻請求権は認められない。

 
⇒気になる!現在の医療業界、その動向
 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識