M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

偶発債務 (ぐうはつさいむ)

偶発債務とは、現実にはまだ債務として確定していないが、過去の取引に関連して将来一定の条件が成立した時点で確定するおそれがある債務のことをいう。その負債額は正確に予測できないが、財務諸表上その内容、金額等を注記しなければならない。
手形を裏書譲渡した場合、債務の保証人になった場合などが例として挙げられる。

⇒M&A取引におけるデューデリジェンス(買収監査)
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識