M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

のれん (のれん / Goodwill)

のれんとは、取得原価と資産及び負債への配分額との差額である。
買収価格が大きいほど、のれんが貸借対照表に多額計上され、また、20年以内のその効果が及ぶ期間にわたり規則的に償却を行う必要があるため、買収後の決算に大きな影響を与える可能性がある。
取得原価が受け入れた資産及び引き受けた負債に配分された純額を下回り、負ののれんが生じる場合には、当該負ののれんが生じた事業年度の利益として処理する。
なお、のれんの会計処理方法は、わが国の会計基準と国際会計基準で異なっている。前者については、のれんは超過収益力を表わすものであるため、競争の進展によってその価値が減価する費用性資産という考えであるのに対し、後者は、のれんは将来の収益力によって価値が変動する資産であり、規則的に償却せず、収益性の低下による回収可能性で評価するべきという考えである。いずれの会計基準に則るかによって、買収企業の損益に与える影響が大きく変わる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識