M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

黄金株 (おうごんかぶ / golden share)

株主総会又は取締役会において決議すべき事項のうち、その株主総会の決議の他に、種類株主を構成員とする種類株主総会の決議を必要とする旨の定めが設けられている株式のこと。拒否権付株式ともいう。(会社法第108条1項八号)
敵対的買収に対する防衛策としては、会社に友好的な株主に黄金株を与え、敵対的買収が成立した場合においても、敵対的買収者の議案を否決できるようにする、といった形で使われる。この他に、議決権加重株式などがある。

⇒種類株式・属人的株式・信託を活用した事業承継

⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語