M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

贈与税 (ぞうよぜい / gift tax)

贈与税は、大きく暦年課税と相続時精算課税の2つに分けられる。
暦年課税は、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与により取得した財産の価額の合計額を基礎に年間110万円の基礎控除を超えた価額に対して課税する制度である。
相続時精算課税は、一定の要件を満たす場合に限り選択することができる制度で、特別控除2,500万円の枠内であれば複数回課税なく利用でき、超えた部分については一律20%で課税される。贈与者が死亡したときに相続時精算課税を適用した贈与財産と相続税を合算して相続税を計算し、納税した贈与税を控除する。

 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識