M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

源泉徴収 (げんせんちょうしゅう)

源泉徴収とは、給与や利子、配当、税理士報酬などの所得を支払う者が、その所得を支払う際に所定の方法により所得税額を計算し、支払金額からその所得税額を差し引いて国に納付することをいう。
M&Aにおいては、自己株式を買取る際、みなし配当が生じたとき、徴収漏れがないように注意しなければならない。税率は、対象が上場株式等の場合は15.315%(他に地方税5%)、大口株主(発行済株式の総数等の3%以上を保有)の場合と非上場株式の場合は、20.42%(地方税なし)である。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識