M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

合併契約 (がっぺいけいやく)

合併をするためには、合併の当時会社が合併契約を締結しなければならず(会社法第748条)、この合併契約は、事前開示事項として開示され、また当期の添付書類となる。
合併契約には必要的記載事項が定められており(会社法第749条1項)、具体的には、当時会社の商号・住所、消滅会社の株主に対して交付する対価に関する定め、消滅会社の株主に対する割当に関する定め、消滅会社の新株予約権者に対する対価及びその割当に関する定め、効力発生日である。
通常は、このほかにも任意的な合意事項を規定する。

 
⇒企業再編の方法~合併を一から知ろう~
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

よくわかるM&A メールマガジン登録のご案内 M&A/事業承継 基礎知識