M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

外形標準課税 (がいけいひょうじゅんかぜい)

外形標準課税は、資本金1億円超の法人に対して課される法人事業税であり、資本割、所得割、付加価値割の三つから構成される。資本金1億円以下の会社の場合は、所得割のみが課される。
資本割は、資本金等の額に対して一定の税率を乗じて算出され、所得割は、法人の所得金額に一定の税率を乗じて計算され、付加価値割は収益配分額(報酬給与額+純支払利子+純支払賃借料)+単年度損益に一定の税率を乗じて計算される。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識