M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

最終契約書 (さいしゅうけいやくしょ / Final Agreement)

M&Aにおける最終契約は、当事者間の検討・協議・交渉等を経て、当該M&A取引の確定的な諸条件を定めるものであるが、その内容は、取引の手法や個別の案件ごとの取引条件に応じて様々である。
最終契約書においては、買収対象を特定し、売買価格を定め、売買の合意を行うといった基本的な買収自体の合意に加え、買収対象となる会社の属性や内容・状況、当事者の属性・信用力、買収価格の決定方法、または買収の手法その他の状況に応じ、買収に関する当事者間のリスク分担を実現するための様々な条項や買収に付随する各種の取り決めが規定される。
同種案件における様々な仕組みや裁判例などを踏まえ、複雑かつ緻密な契約条項を作り上げていくことで、リスクが顕在化した場合における当事者間の予見可能性を確保し、将来の紛争の回避を図っていくことが重要となる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語