M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

フェアネスオピニオン (ふぇあねすおぴにおん / Fairness Opinion)

フェアネスオピニオンとは、公開買付けの買付価格や合併比率などの算定結果または算定経緯について、証券会社や会計事務所などの独立した評価機関が、財務的見地から検討し、その公正性・妥当性に関して表明する意見をいう。
フェアネスオピニオンは、株式価値または企業価値の評価が妥当なものであることを示す客観的な資料たりうることから、取締役が善管注意義務を果たし、経営判断が妥当であったことを根拠付ける証拠の一つとしての役割を有する。

⇒バリュエーション(企業価値評価)の基礎知識
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識