M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

持分法 (もちぶんほう / Equity Method)

持分法とは、投資会社が被投資会社の資本・損益のうち、投資会社に帰属する部分の変動に応じて、その投資の額を連結決算日ごとに修正する方法をいう。
投資会社の当期純利益および株主資本に与える影響は、持分法適用の場合と連結の場合とで同額の効果となる。このため、資産・負債の評価替、税効果の適用、投資差額の認識、未実現損益の消去などについては、連結と同様に処理する。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識