M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

環境デューデリジェンス (かんきょうでゅーでりじぇんす / Environmental Due Deligence)

環境DDは、対象会社が工場や特殊な研究開発施設およびその跡地などを保有している場合、土壌汚染や大気汚染などの問題が発生するリスクがどの程度あるかを事前に調査するものである。
これにより、将来、環境問題が発生した際にかかる原状回復等のコストの情報を入手し、事業計画に反映させる必要がある。もしくは、環境問題となる工場や研究施設をM&A取引の譲渡対象から外し、当該施設はM&A取引後は売手との賃貸借契約により対象会社が使用するようにスキームの変更を行うなどの対策も考えられる。

 
⇒M&Aを成功させるデューデリジェンスとは
⇒M&A取引におけるデューデリジェンス(買収監査)
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識