M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

EVA (えば / Economic Value Added)

EVAとは、Economic Value Addedの略で、経済付加価値と訳される。米国のスターン・スチュワート社によって提唱された指標で、企業の価値創造の評価基準として、財務会計ベースの利益ではなく、経済的利益を計測する考え方である。
株主を含む資金提供者が要求する資本使用の対価(資本費用)を上回る利益をあげて初めて企業は価値を創造したといえる。企業の売上高から、通常の費用項目とともに資本費用を差し引いた経済的利益がEVA(経済付加価値)である。
算式は下記である。
 
EVA=税引後営業利益 - 資本費用
   =税引後営業利益 - 投下資本(※)× WACC(加重平均資本コスト) 
(※)投下資本=正味運転資本(流動資産-流動負債+短期借入金)+固定資産

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識