M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

デューデリジェンス (でゅーでりじぇんす / Due Diligence)

デューデリジェンス(DD)とは、M&Aを実施する当事者が、対象企業やその事業に関する情報を収集、分析及び検討する手続きである。通常、事業、法務、税務、会計などの観点から行われる。買収監査ともいう。
デューデリジェンスによって、権利義務関係、企業価値評価に必要な情報、取引実行に必要な手続き、支障となりうる事象などが把握できる。その結果を踏まえて、買手企業は、M&Aを実行するべきか、適したストラクチャー、適切な対価・取引条件、考えられるリスクについて判断を行う。

 
⇒M&Aを成功させるデューデリジェンスとは
⇒M&A取引におけるデューデリジェンス(買収監査)
⇒企業価値評価・デューデリジェンスのサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

電話

ご相談・お問い合わせはお気軽に

03-6212-2521

03-6212-2521

受付時間 平日9:00~18:00 (土日祝除く)

この用語の同カテゴリーの用語

よくわかるM&A メールマガジン登録のご案内 M&A/事業承継 基礎知識