M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

独占禁止法 (どくせんきんしほう)

株式譲渡契約における独占禁止法の規制として、買手の属する企業結合集団の国内売上高が200億円超で、対象会社とその子会社の国内売上高が50億円超の場合、株式取得後の持株比率が20%超または50%超となるときには、公正取引委員会への事前の届出が必要となる(独占禁止法第10条2項)、というものがある。買手は、原則として届出受理後30日間の待機期間中は株式取得ができない。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語