M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

受取配当金 (うけとりはいとうきん / dividends income)

M&Aストラクチャーによっては、法人が内国法人から配当を受領する場合があるが、法人税法上、原則として、配当の額の50%が益金の額に算入されない。
また、当該法人が配当を行う法人の発行株式総数の3分の1超を6カ月以上引き続き保有する場合には、配当の全額から負債利子の額を控除した金額が益金の額に算入されず、100%保有する場合には、配当の全額が益金の額に算入されない(法人税法第23条4項・5項)。
ただし、発行済株式総数の5%以下の割合しか保有していない場合には、配当額の20%のみが益金不算入となる(法人税法第23条1項・7項)。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識