M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

みなし配当 (みなしはいとう / Deemed Dividends)

みなし配当とは、金銭その他の資産の交付を受けた場合、金銭の額及び金銭以外の資産の価額の合計額が、発行法人の資本金等の額のうち、その法人の資本金等の額を超えるときは、その超える部分の金額は、配当等の額とみなすというもの。
みなし配当を認識された株主が個人であれば、「配当所得」として最高税率45%(さらにこれに対する復興特別所得税)の総合課税の対象となる。
完全支配関係にある子会社の残余財産が確定した場合、親会社においては、みなし配当が発生するが、受取配当金の益金不算入の規定により、課税が生じることはない(法人税法第23条1項)。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識