M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

第三者割当増資 (だいさんしゃわりあてぞうし)

第三者割当増資とは、会社が特定の第三者に対して新株を割り当てて行う増資のこと。新株の引受人が発行会社の一定割合の株式を取得することになるため、M&Aの一手法としても利用される。
なお、自己株式の処分についても、経済的効果は同じで、新株発行と同等の法的手続きを踏むものと規定されているが、会社が過去に取得した株式を交付するという点で異なる。
発行会社にとってのメリットとしては、純資産価額が増加する点、会社が割当先を選択できる点が挙げられる。公開会社は、発行可能株式総数の限度であれば、取締役会決議によって募集株式の発行等をすることができるため、事業資金を緊急に必要とする場合には利点が大きい。

⇒第三者割当増資によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語