M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

コストアプローチ (こすとあぷろーち / Cost Approach)

コストアプローチとは、企業の純資産の時価評価額等を基準に株主資本価値を算定する評価手法である。評価対象企業を構築するためにかかるコストに着目して企業価値を評価する。貸借対照表の資産と負債の純額である純資産に焦点を当てるため、ストックアプローチ、ネットアセットアプローチとも呼ばれる。
コストアプローチに含まれる評価手法としては、簿価純資産法、時価純資産法の2つが挙げられる。簿価純資産は、単に貸借対照表上の純資産額を示す数値であり、時価純資産法は、評価対象となる企業または事業の資産・負債のすべてを時価に置き換えて純資産を評価する手法である。

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識