M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

コーポレート・ガバナンス (こーぽれーとがばなんす / Corprate Governance)

コーポレート・ガバナンスとは、会社経営の適法性を確保し、収益性を向上させるために、会社経営者に適切な規律づけを働かせる仕組みをいう。
バブル崩壊後の日本企業の業績悪化を背景に、適法性と効率性がともに重視されるようになり、業績連動型報酬、監査役制度・委員会制度の選択、開示の充実と株式市場、株主代表訴訟、敵対的買収などについて、ガバナンス向上のための法的仕組みとしても法規制以外の多様な仕組みについても論じられる。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識