M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

利益相反取引 (りえきそうはんとりひき / Conflict of Interest Transaction)

利益相反取引とは、取締役が、当事者として(自己のために)または他人の代理人・代表者として(第三者のために)会社とする取引、あるいは会社が取締役の債務を保証するなど、取締役以外の者との間で会社・取締役間の利害が相反する取引をいう。
取締役が利益相反取引をしようとする場合には、取締役会設置会社においては取締役会の承認を受け、取締役会設置会社以外の会社においては株主総会の承認を受けなければならない。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識