M&A事業承継 用語集 資本政策・敵対的買収

既存株主との調整、敵対的買収への対処など、支配権のコントロールに関わる用語をまとめました。

キャッシュアウト・マージャー (きゃっしゅあうとまーじゃー / Cash-out Merger)

キャッシュアウト・マージャーとは、存続会社が消滅会社の株主に対し、合併の対価として、金銭のみを交付する吸収合併の手法である。これを行うことで、存続会社の株主構成を変化させず、少数株主を排除することもできる。
なお、キャッシュアウト・マージャーは、適格合併の要件を満たさないため、税制上の負担が重くなる可能性がある。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識