M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

物納 (ぶつのう)

物納とは、延納によっても金銭納付が困難な場合、一定の条件のもとに金銭以外の相続財産で納税する制度である。物納するための主な要件は以下の通り。
①延納によっても金銭納付が困難である
②物納できる財産がある
③納期限までに一定の書類を提出し、税務署長の許可を受ける
物納できる財産財産は、国債、不動産など換金化ができるものであり、担保権等が設定されている不動産や、譲渡制限株式などは管理処分不適格財産として物納することができない。

 
⇒平成29年度税制改正 取引相場のない株式の評価の見直し
 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識