M&A事業承継 用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

事業承継 (じぎょうしょうけい / Business Succession)

非公開企業における事業承継とは、オーナーが保有する財産と経営を後継者に引き継ぐことである。M&Aによって他社に譲渡することも広い意味での事業承継といえる。
この場合の財産とは、典型的には株式を指し、この承継を「物的承継」と呼ぶこともある。経営の承継とは、経営者として必要な資質、覚悟、経営理念、経営ノウハウなどが含まれ、この承継は「人的承継」と呼ばれる。
財産の承継が完了したからといって、自動的に経営も引き継がれるわけではなく、双方が承継されてはじめて事業承継の完了といえる。
近年では、事業承継の手段としてM&Aが増加傾向にある。売手側のオーナーにとっては、後継者問題、従業員の雇用、相続税対策などに有効であり、買手側企業にとっては、技術・ノウハウ・ブランド・人材等の獲得による事業の拡大・多角化・競争力の強化において時間・コストを節減できる効果がある。

 
⇒事業承継とは何か|事業承継を成功させるために必要なこと
 
⇒事業承継コンサルティングのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識