M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

ブラックショールズモデル (ぶらっくしょーるずもでる / Black-Scholes Model)

新株予約権は、新株を対象としたコール・オプション(買う権利)と考えられるため、オプションの価格計算方法を活用して、その価値(発行価額)を計算することになるが、一般に妥当な計算方法とされるものの一つがブラックショールズモデルである。
これは、株価が無作為に変動するという過程の下で、株価変動プロセスを定式化し、一定の操作を経て確率微分方程式を導き、かかる放置会式に原資産価格、オプションの行使価額、リスクフリー・レート、権利行使期間、株価変動率、予定配当率を代入してオプション価額を算定する方法である。

⇒バリュエーション(企業価値評価)の基礎知識
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識