M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

ビジネスデューデリジェンス (びじねすでゅーでりじぇんす)

ビジネスデューデリジェンスの目的は、対象会社の経営実態を把握し、事業の将来性を見極めること、シナジー効果を加味して対象会社の価値を把握すること、買収価格がいくらまでであれば経済合理性が成り立つかを判断することである。
一般的には、マクロ環境分析、競合構造分析、事業構造分析、スタンド・アローン分析、事業計画分析、統合イシュー分析などが行われる。
調査にあたっては、立場の異なる関与者が多く、利害関係が複雑であり、現場の巻き込みが必須という点に留意する必要がある。

⇒事業デューデリジェンスについて詳しくはこちら

 
⇒M&Aを成功させるデューデリジェンスとは
⇒バリュエーション(企業価値評価)の基礎知識
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識